「良いお年をお迎えください。」

voice9-1
今から5年程前のことです。
その頃、年末も年始も時間短縮ではありましたが営業でした。
12月31日の日は朝から雪がちらつき、店舗の中も暖房を入れていても非常に寒い状況でした。
そのせいか大晦日の日はお客様の客足も遠のいていたのかガランとした状況が何時間も続いていました。

夕方16:30頃、その日は後30分で閉店時間というところです。そろそろ棚卸をして帰ろうかというところです。

ところが、特別な日には特別な状況になることが往々にしてあるものです。
閉店間際にどっとお客様がご来店をしたのです。
しかも時間がかかる新規ご加入・機種変更の方ばかりです。
スタッフ人数も12月31日ということもあり、私ともう一人という状況です。
一気に店舗の中に緊張感とテンションアップの空気が張り詰めます。

「どうぞーこちらでお伺いいたします。」

手を挙げてカウンターへお客様を招きます。

「にぎあってるねー。」

「おかげ様で・・・」

何故か皆様時間がかかっているにも関わらず、快くお待ちいただけました。

「お時間かかって申し訳ございません。良いお年をお迎えください。」

と最後に一言。

「来年もよろしく。」

そうお客様の中には言っていただける方もみえました。
何と終わったのは20:00を過ぎていました。

終わった後も時間はかかってしまったものの嫌な感じになることはなく、心地よい疲れがありました。
快くお待ちいただけたお客様に感謝するとともに頑張ってくれたスタッフにも感謝です。
1年の締めくくりの日で感動した瞬間でした。